を新築してみた
那須別荘新築した体験談
那須別荘新築(もくじ)
search

22. 複層ガラス

複層ガラス
高気密住宅では、窓などの開口部が最も熱的に弱い部分です。このため窓に適切な複層ガラスを使用せずに1枚ガラスを使用した場合には、窓の近くの空気が外気によって冷やされて冷風が足元に流れ込む「コールドドラフト現象」が起こり、窓面からの冷輻射や室内環境の不安定化など、住む人に身体的な不快感を与えます。そのため、高気密住宅には複層ガラスの採用が必要条件であると言えます。複層ガラスとは、通常のガラス(シングルガラス)と違って複数のガラス(2枚以上)を使ったガラスです。ガラスの間には空気(あるいはガス)層があり、外側の熱が内側に伝わり難く断熱性の高いガラスです。省エネ効果があり、結露も生じにくいという特性もあります。複層ガラスは断熱サッシと正しく組み合わせて使用することでその性能をフルに発揮します。

断熱サッシとは、断熱効果があるサッシのことです。普通のサッシは外側(室外)部分と内側(室内)部分は同じ材質で繋がっていますが、断熱サッシは外側と内側の間に熱伝導率が金属に比べて低い樹脂素材や木材を挟むなどして外側の熱が内側に伝わり難いような構造になっています。このため、室内外の温度差によるサッシの結露が起こりにくく、断熱効果の高い開口部を造ることができます。

なお、複層ガラスには2重のガラスを使うもの(ペアガラス)と、3重のガラスを使うもの(トリプルガラス)があります。カオリが建築中の別荘ではすべての窓でペアガラス(空気層12mmのもの)を使用します。トリプルガラスはペアガラスの約1.7倍の断熱性能を持つと言われますが、3重のガラスを使うのでどうしても重くなり開け閉めが大変なのと、「次世代省エネルギー基準によって定められた地域区分 」によってトリプルガラスほどの性能が必要なのは北海道、青森県、岩手県、秋田県の4県とされていますので、今回はペアガラスを選択しました。

さて、普通の「シングルガラス+アルミサッシ」と比較すれば当然「ペアガラス+断熱サッシ」の組み合わせの方がよいことは明らかですが、問題が1つあります。それは価格です。価格的には「ペアガラス+断熱サッシ」は、普通の「シングルガラス+アルミサッシ」の倍近い価格となり、結構高価なのです。ですが那須高原の厳しい寒さを一度でも経験したことがある方なら・・・窓際からシンシンと迫る底冷えするような空気に一度でも震えたことがある方なら・・・、「少々無理をしても絶対にペアガラス+断熱サッシにするべきだじょ!」というカオリの意見に賛成してくれるのは間違いないことでしょう。

「ペアガラス+断熱サッシ」という組み合わせには断熱効果によって結露を防止してカビの発生を防ぐという大きなメリットの他に、ガラスが2枚になっているために省エネ効果、防音効果などもあります。一部地域では今後建築時に義務づけされる動きもあるため、一般家庭にもますます普及が進んでいくことになるでしょう。

<<戻る | 次へ>>




那須に別荘を新築してみた Copyright(C) 2001
KAORI All Rights Reserved.